GABAとは

GABA(ギャバ)とは

ギャバの成分とはGABA(ギャバ)とは、タンパク質非構成のアミノ酸成分の一種です。
GABA(ギャバ)の正式名は、γ(ガンマ)アミノ酪酸といい、 Gamma-Amino Butyric Acidという英語名の頭文字をとってGABA(ギャバ)と呼ばれています。


・GABA(ギャバ)・・・正式名称:γアミノ酪酸(ガンマアミノらくさん)
             英語名:Gamma-Amino Butyric Acid


GABA(ギャバ)とは、主に人間の脳内に微量に存在する抑制性成分のある神経伝達物質のひとつです。ストレス社会といわれる現代では、GABA(ギャバ)は、ストレスで痛めつけられた神経を鎮静してくれたり、精神の安定にも役立つといわれています。また、GABA(ギャバ)は、動物に存在するばかりでなく植物にも存在するといわれています。


特にGABA(ギャバ)の成分は、発芽玄米に多く含まれており、健康に役立つ成分として近年注目されています。また、GABA(ギャバ)は、チョコレートにも多く含まれていることが近年の研究の結果で明らかになっています。最近では、製菓メーカーよりギャバ成分が含まれた商品が発売されていることなどから世間で広く知られるようになりました。




発芽米なら白米に混ぜて炊くだけでGABAが摂取!白米の10倍
↓ 1.5kgで780円のお試しセット(通販限定・送料無料) ↓





Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0