ギャバの成分とは

GABA(ギャバ)の成分

ギャバの成分2GABA(ギャバ)は、γ―アミノ酪酸(γ-amino butyric acid)の略で、タンパク質非構成アミノ酸成分の一種です。


GABA(ギャバ)は、一匹狼的なアミノ酸成分で、体内では多くが単独で働きます。一般にGABA(ギャバ)は、グルタミン酸からグルタミン酸脱炭酸酵素によって作られ、炭素数4個からなる分子量103.12の比較的単純なアミノ酸成分の一種です。


GABA(ギャバ)は、人間の脳中での含量が高く、神経伝達物質としても知られています。また、人間の脳内はGABA(ギャバ)とヒスチジンの結合したホモカルノシンの含量も高いです。また、GABA(ギャバ)含量はグルタミン酸、ホモカルノシンと共に、常に一定に保たれており、恒常性の維持として重要な役割をもっています。また、GABA(ギャバ)は、血圧上昇を抑制するという効果もあり、最近では抗ストレス作用や認知症予防、精神安定作用についても研究がすすめられています。


GABA(ギャバ)を豊富に含む食材を積極的に摂取し、健康な毎日を送りましょう。




発芽米なら白米に混ぜて炊くだけでGABAが白米の10倍摂れる!
↓ 1.5kgで780円のお試しセット(通販限定・送料無料) ↓





Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0