ギャバの成分:ビタミンB

GABAの成分「ビタミンB」

GABA・発芽玄米ビタミンBGABA(ギャバ)の成分には、ビタミンBが含まれています。


現代の食生活は欧米化や白米を食べる事で高たんぱく化し、ビタミンB群の慢性的不足となっています。
お米の胚芽部分にはビタミンB群成分が豊富に蓄えられています。白米を食べることは、ビタミンB群成分の摂取が減ることに繋がります。

また、高たんぱく質の食生活はビタミンB群を多く消費し、結果的に慢性的なビタミンB群不足の状態になるのです。ビタミンB群は疲労を回復し、皮膚に潤いを与え生活習慣病の予防などに有効に働くビタミンです。ビタミンB1は疲労回復のビタミン、ビタミンB2は発育ビタミン、美容ビタミンなどの別名でもよばれています。また、お米の胚芽部分にはビタミン類やミネラルが凝縮されています。


GABA(ギャバ)を取ることで、脳がイキイキとして精神が安定したり、血圧が下がったり、動脈硬化の予防にもなるのです。まず、1日3食の内の1食を胚芽米や玄米に変えてみましょう。

現在では様々な臨床データにより、1日に必要とされるギャバの量は10㎎とされ、発芽玄米から取るなら1日約6杯分に当たるといわれています。食生活をちょっと見直して、ビタミンBを多く含むGABA(ギャバ)を取り入れてみましょう。




発芽米なら白米に混ぜて炊くだけでGABAが白米の10倍摂れる!
↓ 1.5kgで780円のお試しセット(通販限定・送料無料) ↓





Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0