ギャバを多く含む食品

GABA(ギャバ)の成分を多く含む食品

ギャバ(GABA)を多く含む食品GABA(ギャバ)は、動物や植物の内にある天然のアミノ酸成分で、日頃良く口にする多くの食品に含まれています。


GABA(ギャバ)の成分が多く含む食品としてよく知られているのは発芽玄米です。発芽玄米は、100g中に10mgのGABA(ギャバ)が含まれています。発芽玄米のGABA(ギャバ)含有量は、白米に含まれるGABA(ギャバ)<γ―アミノ酪酸>の約10倍にもあたります。


ギャバ(GABA)を多く含む食品・トマトこの他にも、トマトやなす、アスパラガス、かぼちゃ、きゅうり、メロン、みかんなどの野菜や果物、漬物、キムチなどの発酵食品にGABA(ギャバ)の成分が多く含まれています。また、最近の研究において、キムチからGABA(ギャバ)の成分を効率よく生産できる乳酸菌が発見されました。また、チョコレートや飴、コーヒー、醤油などのGABA(ギャバ)の成分を添加した多くの食品が開発され、販売されるようになっています。




発芽米なら白米に混ぜて炊くだけでGABAが白米の10倍摂れる!
↓ 1.5kgで780円のお試しセット(通販限定・送料無料) ↓





Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0