GABA(ギャバ)の働きや効能

γ―アミノ酪酸は不眠症にも効果的GABA(ギャバの働きや効能には、さまざまなことがあります。


まず、GABA(ギャバ)の働きや効能には、ストレスを軽減する働きや効能があります。GABA(ギャバ)は、脳内で抑制系の神経伝達物質として働く成分となり、イライラなどをやわらげる効果があります。

実際、パニックや不安の状態にある方の脳脊髄液を調べると、GABA(ギャバ)の成分が非常に低くなっているという実験結果もあります。GABA(ギャバ)のストレスを軽減する働きや効能は、不眠症、自律神経失調症、うつ、更年期の抑うつや初老期の不眠といった症状の改善にも効果もあるといわれています。

また、GABA(ギャバ)は、肝臓機能を向上させる働きや効能があり、アルコールの代謝が促進されることも分かっています。また、脳内の血の巡りを活発にして脳細胞を活性化し、血管を広げて血圧を下げる働きや効能があります。

GABA(ギャバ)には、血液中の塩分をろ過する腎臓の働きを活発にし、利尿作用を促すことで高血圧の予防に効果があるとされています。




発芽米なら白米に混ぜて炊くだけでGABAが白米の10倍摂れる!
↓ 1.5kgで780円のお試しセット(通販限定・送料無料) ↓




TOPPAGE  TOP 
RSS2.0