代謝機能を高める

脳細胞の代謝機能を高める

γ―アミノ酪酸は脳内に存在GABA(ギャバ)の働きや効能には、脳の血流を活性させて酸素供給量を増やし、脳細胞の代謝機能を高める働きがあります。


GABA(ギャバ)は、人間の体内では脳に存在し、神経細胞の興奮を抑えるための抑制性の神経伝達物質としての重要な役割を果たしています。また、GABA(ギャバ)は、脳内のグルタミン酸の比率を抑える働きがあり、脳の神経を安定させて精神を落ちつかせてくれます。グルタミン酸は、多量に与えると神経細胞は死んでしまうのです。


人間がパニック状態にある時に脳脊髄液を調べてみると、GABA(ギャバ)の成分が大幅に減少していたとの実験報告もあります。現在では、精神安定剤などの薬に脳細胞の代謝機能を高める、GABA(ギャバ)の成分を含んだ薬が使用されているようです。


GABA(ギャバ)は、脳細胞の代謝機能を高めて脳内の血行を良くしたり、神経伝達を活発にするなどの働きにより、脳細胞の代謝機能を高める働きを活発にしてくれます。




発芽米なら白米に混ぜて炊くだけでGABAが白米の10倍摂れる!
↓ 1.5kgで780円のお試しセット(通販限定・送料無料) ↓





Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0