癒し系物質

ギャバの働きや効能には癒し系物質がある

ギャバには癒し系物質GABA(ギャバ)は、癒し系物質としての働きや効能があります。


人間の脳内ではアクセルにあたる興奮系と、ブレーキに相当する抑制系の二つの物質が働いています。GABA(ギャバ)は、脳内での抑制系の働きや効能のある物質の中心的な存在です。仕事や人間関係などで常に多くのストレスにさらされている現代人の脳は、興奮系の物質が増加しやすい状態にあります。人間は、興奮状態が続くと血圧が上昇し、血流が悪くなって脳の健康を損ないます。GABA(ギャバ)は、脳にとって究極の癒し系物質なのです。


脳にとってよい働きや効能がある物質としては、魚に豊富に含まれ、記憶力や学習能力を高めるDHA(ドコサヘキサエン酸)が有名ですが、GABA(ギャバ)こそ第2のDHAや癒し系物質として期待されています。GABA(ギャバ)は、一日10~20mg摂るのが目安ですが、発芽玄米であれば半合~1合、たくあんであれば5~10枚と手軽なのも魅力です。




発芽米なら白米に混ぜて炊くだけでGABAが白米の10倍摂れる!
↓ 1.5kgで780円のお試しセット(通販限定・送料無料) ↓





Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0