GABA(ギャバ)は現代人には必要

ギャバ(GABA)とストレスGABA(ギャバ)の成分が行うといわれている働きや効能は、現代人には必要です。


現代社会はストレスがたくさん存在しています。そのため、現代人は、ストレスを和らげるために体内にあるGABA(ギャバ)の成分が使用されており、常にGABA(ギャバ)成分が不足しやすい状態になりがちなのです。


本来は、GABA(ギャバ)は体内において、必要である十分な量が作り出されます。しかし、ストレスにさらされていたり高齢になってくると、体内のGABA(ギャバ)が少なくなる傾向になってしまうのです。

GABA(ギャバ)が不足すると、興奮系の神経伝達物質が過剰に分泌するのを抑えることができなり、リラックスできずに精神的な緊張感が続いてしまうのです。しかし、特にGABA(ギャバ)が必要な現代人は、GABA(ギャバ)<γ―アミノ酪酸>が足りていないのが現状のようです。


一日のGABA(ギャバ)の摂取量は、30mg以上が目安です。

ストレスを和らげるなどのGABA(ギャバ)の働きや効能をより実感されたい場合は、一日50~100mgのギャバを食品やサプリメントなどで摂取することで、ストレスを和らげるなどのGABA(ギャバ)の働きや効能が期待できると考えられています。




発芽米なら白米に混ぜて炊くだけでGABAが白米の10倍摂れる!
↓ 1.5kgで780円のお試しセット(通販限定・送料無料) ↓




TOPPAGE  TOP 
RSS2.0