アミノ酸の種類:じゃがいも

GABA・ギャバとじゃがいもGABA(ギャバ)のアミノ酸の種類には、じゃがいもに含まれるものがあります。


GABA(ギャバ)のアミノ酸を多く含む食品としては、発芽玄米がよく知られていますが、じゃがいもにも豊富なGABA(ギャバ)のアミノ酸が含まれていることが明らかになっています。

GABA(ギャバ)は、動物、植物、微生物など、自然界に広く分布し、多くの種類の食品などに含まれるアミノ酸の種類のひとつです。じゃがいもは、100g中に20~40mgのGABA(ギャバ)が含まれています。また、じゃがいも内のGABA(ギャバ)は、じゃがいもの外側の皮層部よりも内側の髄部に多いようです。




発芽米なら白米に混ぜて炊くだけでGABAが白米の10倍摂れる!
↓ 1.5kgで780円のお試しセット(通販限定・送料無料) ↓




TOPPAGE  TOP 
RSS2.0