発芽玄米の栄養素

発芽玄米の栄養素GABA(ギャバ)を多く含む発芽玄米は、必要な栄養素をたくさん含んだ理想的な食品です。


お米は、玄米から発芽という命が生まれる過程の中で、貯蔵型のエネルギーが活性型のエネルギーへと変化します。具体的にいうと、お米は発芽することで玄米の胚芽や胚乳(白米の部分)にビタミンが増加し、
糖質などの栄養素が消化吸収されやすい状態に変化します。


発芽した玄米の状態は、非常に柔らかくておいしく、しかもビタミンやミネラルの消化吸収効率が高くなり、
食べた時の栄養価が上昇します。発芽した玄米の状態は、玄米中のビタミンやミネラルの吸収を妨げているフィチン酸が、発芽の過程の脱リン酵素の働きにより、リンとイノシトールに分解されるからです。そのため、玄米中のビタミンやミネラルなどの栄養素が大幅に吸収されやすくなります。また、発芽玄米に含まれるアミノ酸の一種であるGABA(ギャバ)は、忙しい現代人におすすめの食品です。


発芽玄米は、白米や玄米に比べてビタミンやミネラル、GABA(ギャバ)などのアミノ酸、食物繊維が豊富に含まれています。




発芽米なら白米に混ぜて炊くだけでGABAが白米の10倍摂れる!
↓ 1.5kgで780円のお試しセット(通販限定・送料無料) ↓




TOPPAGE  TOP 
RSS2.0