発芽玄米の栄養価

発芽玄米の栄養価について

発芽玄米の栄養価GABA(ギャバ)が多く含まれる発芽玄米の栄養価は、どのようなものでしょうか?


近年では、GABA(ギャバ)が多く含まれる発芽玄米は、健康食品のひとつとしてとても人気があります。玄米は、栄養分を蓄えて休眠状態を保ちながら発芽時期を待っている種子の状態で、胚芽に必要なビタミンやミネラルなどの成分を多く含む栄養価の高い食品です。

玄米は、水分が浸透し、水分や温度などの条件が整うと胚芽中の酵素が活性化して胚乳に蓄えられているでんぷんやタンパク質、脂質が分解されます。そして、でんぷんは、発芽をするためのエネルギーとして使用されます。

発芽玄米は、玄米が0.5~1㎜程度発芽したところで、それから先は発芽しないよう処理したものです。玄米は、0.5~1㎜程度発芽した発芽玄米の段階でグルタミン酸が発生し、GABA(ギャバ)がつくられます。

発芽玄米は、玄米に元々含まれているGABA(ギャバ)の量が約3~5倍も増加します。発芽玄米は、発芽の処理がされることによって、玄米の段階では吸収されにくかった鉄やカルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル成分の栄養価の吸収もよくなります。また、発芽玄米のアミノ酸は旨み成分へ変化し、でんぷんは甘み成分へと変化します。




発芽米なら白米に混ぜて炊くだけでGABAが白米の10倍摂れる!
↓ 1.5kgで780円のお試しセット(通販限定・送料無料) ↓





Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0